Biography

New Jerseyを拠点に活躍するDJ・プロデューサー、Jihad Muhammad。 ニューアークで生まれ育った彼は、 Soul / Jazz / Disco / Rock 等の様々な音楽に触れ、幼少期を過ごす。 80年代中頃、 Shep Pettibone, Tony Humphries が 行っていたNYのラジオステーション、 "Kiss Fm – Master Mix Show" でのプレイに衝撃を受けDJとしてのキャリアをスタートさせる。同時に、 New York, New Jerseyのクラブへ足を運ぶようになり、 Larry Levan (R.I.P), Tee Scott (R.I.P.), Timmy Regisford, Merlin Bobb と言ったDJ達にも多大な影響を受け、 現在のDJスタイルを確立していく。地元での多数のGigを経験した後、 90年代には、 New Yorkの代表的なクラブ、 パーティー(Sound Factory Bar, Club Shelter, Langston, Franks Lounge, Tea Party, etc.) でゲストDJとして度々プレイしている。また、 マンハッタン、 ブルックリンと場所を変えながら行われていた "Togerther In Spirit"や "43rd Cafe (New Jersey)" では、 Kim Lightfoot, Herb Martin, Staecy Mallory らとレジデントDJとしても活躍。現在はインターネットラジオ "Cyber jamz Radio" での Mix Show、 New Jersey のクラブ Caffee Cave にて “Bang The Durm” を主宰。新旧問わないソウルフルでディープな選曲と繊細なミックス、 ブラックネス溢れるグルーヴで地元のクラウドからも絶大な支持を得ている。

2000年頃より、 DJと平行して制作面の方にも力を入れており、 Timmy Regisford, Blaze と共にリミックスに参加した”Black Masses / My Heavenly Stars (Easy Street)” や "Ananda Project / Breaking Down (Dub Mix / King Street)" 等のヒット作を手掛け注目を浴びる。2004年には、 Jihad 名義で初となる傑作 "Movement Blues (West End)" をリリース。その後、 自身で立ち上げた Movement Soul Recordings を始め、 West End, King Street, Iwanai Music, Camio, Downtown161 等、 様々なレーベルにてオリジナルトラックやリミックスを手掛ける。数々のコンピレーションアルバムにも収録されるなど、 ディープハウスからジャズ・クロスオーバー系まで高く評価されており、 サウンドクリエーターとしても人気を不動のものとする。次世代のアンダーグラウンドシーンを担うDJ・プロデューサーとして、 今最も注目集めている。